スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シースワローのできるまで ソノニ

おはようです、はい、今回も始まりましたこのコーナー。
シースワローが1.4306倍楽しくなるこのコーナーにようこそです。
・・・前回の拍手の予想以上の多さにお兄さん驚きですよ。

今回はシースワローの名前の由来と、クロム、レイヤ、ベル、師匠についてです。


まずはギルド名について。

個人的に私は名前というものに多少の「力」が宿るものだと信じております。
そのためギルド名はかなり悩みました。 タイトルにもなりますし、ね。

初期設定にはいくつか候補が書いてあったので一部をご紹介。

・バレットシーカー
・アインハンダー
・クレッシェント

・・・何度も聞く名前になるので、基本的には語感を最優先していますね。
三番目は二期に引き継がれていますが。

しかしまぁあの世界観に最も適していたのはやはりシースワローでしょう。
そもそも、海というものは今でこそ簡単に渡れますが、昔の世界では「海=外界への窓口」でした。
島が違えば文化が違う。大陸が違えば思想も違う。「海の向こう」というのは「外国」ではなく「他の世界」という意味合いが強いでしょう。

そんな海を渡る渡り鳥たちというのは非常に心惹かれます。
作中でも何度かクロムが言っていますが、「世界を渡る翼」の象徴なんですよね、私にとって。
そういったわけで、「夢の世界からの脱出」や、「萌えもん達に別の世界(生き方)を提示する」といった思いを込めてシースワローという名前が決まりました。


さて、次にクロムについて。

「主人公であり共鳴者。思考を外に向けた平和主義者。人の話はとりあえず聞いてみるが、自分の芯はしっかりと持っている。いい意味でお人よし。悪い意味で天然。」
(初期設定資料より抜粋)

・・・なんのこっちゃですね、この説明じゃあ。
大体クロムはその名前自体で物語全体の壮大なネタばれ入ってますからねぇ・・・。
物語制作中はこんな難しいことは考えずに、「基本他人のことを考えて行動している」くらいの気持ちで行動させていました。どこか自分は二の次なところがありますが、それもわざとでした。


次にレイヤについて。

「ギルドのまとめ役。冷静だけど悪ふざけは好き。しょっちゅうカマをかけたがる。考えすぎるところが長所であり短所。」
(初期設定資料より抜粋)

・・・おお、意外とそのままの性格で制作できていたのか自分。
レイヤは萌え要因にするかクール要因にするか悩んだ挙句、「私に萌え要因は無理」という理由でクール要因になった覚えがあります。
・・・萌え要因を狙って作れる人は凄いなぁ。
フラウンやギアには負けますが、私の中ではかなり高順位のお気に入りキャラです。
なんというか、お母さんオーラがほんのりにじみ出ているのに、シャープな思考の持ち主という、結構ありそうでないキャラのような気が・・・。
・・・シャープな思考はシースワローのほぼ全員に持たせてありますけど(オイ


次にベルについて。

「クロムのブレーキ役。危なっかしくてしょうがないクロムをほっとけない。お嬢様口調だが高飛車ではない。感情がすぐ表に出る。恥ずかしがり屋」
(初期設定資料より抜粋)

わお、この設定、一言も「ツンデレ」と書いていませんが、私の考える「正しいツンデレ」の形そのまんまの性格ですねこれ。
そもそも本来ツンデレは「ツン時もデレている」ものなんだと思うんですけれど・・・。
昨今のツンデレの定義は一体どこで道を踏み外してしまったんだろう・・・あぁ悲しき哉。あれじゃあ私は萌えられない。あぁ萌えられない。
・・・クロムと恋仲になる予定は最初はありませんでした。
ただ、最後に夢が醒めた後、クロムのもとに「おはようです」と現れるのはベルしかいないなという確信だけはなぜか心にありましたね。恋仲というよりは「良き相棒」ポジションがよく似合う娘だな、という考えのほうが強かったでしょうか。
完全に恋仲になることが決定したのは続編が決まってからですねぇ。
それまでは結局叶わぬ(というか無かったことになる)恋だった・・・あぁ、ひどい話を考えていたものだ自分。


次に師匠について。

「よくしゃべる無口。一言でいえば自由な性格。考えていることを表に出さない。」
(初期設定資料そのまま)

・・・師匠の説明はこれだけだったはずなのに・・・どうしてあんなことになってしまったんだろう・・・。
大体「自由な性格」で「考えていることを表に出さない」って、何するかわからないブラックボックス的な性格ですよね、この説明だと。
・・・うーん・・・最初は「頼れる姉貴キャラ」の予定だったはずなんですけどねー。
心の中で考えていることはいつもかなり真面目ですし。
というかきっとギルドの中で一番壮絶な過去を経験しているのは彼女。
・・・やっぱりシリアスに耐えられずにギャグに走るときに師匠に頼ってばかりいた私の責任でしょうか!?
だって師匠にボケさせるの好きなんですもの!
天然な無口キャラって萌えるんですもの!!



いやぁ、初期設定を見ると、なかなかに面白いですね、やっぱり。
シースワローのギルドとしての概観はこの4人だけで補完できるようになっています。
やはり最初は世界観の核となるキャラから作るのが一番ですよね!

では今回はこのあたりで。

次回はミィル、フォボス、紫電、大さんを予定。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

一言・・・・先に言わせてください・・・・・・。
天然で無口キャラって萌えますよね!!
そして、口元を何かで隠していればもっと良い!!

はい、暴走して(?)すみませんww

そういえば、設定を紙とかテキストとかに書いてるんですか?

No title

むしろ無口キャラはみんな天然でいいんじゃないかと思っている私。
隙がないのに隙だらけ……というのがとても(強制終了

設定はコピー用紙やメモ帳につらつらと書いてあります。
結構あちこちに散乱していてさっきやっと全部回収し終えました。
プロフィール

シースワローの人

Author:シースワローの人
>burn my dread~♪

管理人:エトリアの住人ことシースワローの人
主にマイナー好き
主にゲーム好き
主に猫好き
主にシャープ嗜好(?)
主に午後8時~午前1時に出没

最新記事
最新コメント
月別記事
カテゴリ
FC2カウンター
にゃーん
さぽている
ついーと
Twitter ブログパーツ
RSSリンクの表示
リンク
拍手送信!
レイヤがクールにお茶を淹れてくれます。 ます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
せいさくどうがっ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。