スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギルド日誌 ~ギアのはなし~

〇月×日 晴れ
ギルドマスター レイヤ 記す

とりあえず誰も書かないので、私がギルドの活動記録をつけ始めようと思う。
・・・本当はギアのほうが暇そうなんだけど、ギアはデスクワークをとことん嫌うからなぁ・・・。

さて、今日の記録はそのギアの今日の様子についてかな?





午前9時、ギルドとして依頼の受付を開始するこの時間に、いつも私とギアは出張所のメインルームへ向かう。
そしてそこにある大きなテーブルで書類の整理やギルドメンバーへの指示を電話で行ったりするのだけど・・・。

「ねぇギア、暇なら少しくらい手伝ってよ」

「いや、私は忙しい」

・・・先ほどから、白い霧と凍える風を使って如何に美しい氷の結晶を作れるか、に挑戦中の彼女――ギアは、何も悪ぶれる様子もなくそう答えやがった。

「・・・グレン島で暴走族を追い払って欲しいっていう依頼が届いて――」

「よし、私が行こう、すぐ行こう」

・・・即答。目がキラキラしてるし。

「・・・はぁ、冗談だよ」

「Σ何っ!?」

「書類整理も大切な仕事だよ? そういった外に出る仕事に対して持つやる気を少しくらい分けてくれてもいいんじゃないかな?」

「それは難しいな・・・なにせ地味だからな・・・」

またこれだ。
ギアはこうやっていつもデスクワークを地味だと言って嫌がるんだけど・・・。

「・・・前々から思ってたんだけど、なんでそんなに目立ちたがるのさ」

「なんでって、そうだなぁ・・・」

いつものノリで即答するものだと思ってたら、ギアは考え込んでしまった。
これがクロムとかなら何も思わないんだろうけど、ギアが考え込むとなぜか調子が狂うから不思議だ。

「いや、別にそういう性格なら仕方ないんだけど」

「・・・なぁレイヤ、私のような伝説萌えもんという存在は、『そういう萌えもんが生まれたから伝説ができた』のか、『伝説が出来たから萌えもんが生まれた』のか・・・どっちだと思う?」

「・・・なんだいそれ? 普通に考えて、ギアが居たからスイクンの伝説萌えもんの話が出来たんでしょ?」

「伝説の萌えもんは、基本的には天涯孤独だ。同じ種族のやつは二人と居ない」

まぁ、そうじゃないと伝説じゃないだろうしね。

「私は『気が付いたらふたご島に居た』のだが、その時からすでに『自分が伝説萌えもんである』という自覚があったんだ」

うん、なんだか雲行きが怪しくなってきた。

「以前言った『伝説萌えもん規約』の話も、気がついた時にはすでに知っていたんだ」

「・・・えー・・・っと?」

「私は、人々が伝説として語り継いできた『ある話』が形になったものが自分たち伝説萌えもんではないかと考えている」

そう言われてみれば、確かに伝説萌えもんと呼ばれる種族の萌えもん達は、自然の力の一部とも言うべき人たちや、ほとんど神様のような力を持っている人ばかりだ。

「・・・人々の話から生まれるって・・・なんだか人間社会での妖怪みたいだねぇ」

「ははは、なかなか的を得ていると思うが、別に私たちは人様に迷惑はかけないぞ?」

「・・・じゃあ手伝ってよ」

「つまり逆に考えるとだな・・・」

スルーしやがったぞこの伝説様。

「もし世界中の人々がスイクンの存在を忘れてしまったら、私は消えてしまうのではないだろうか?」

「・・・・・・」

「そう思うと、すでにトレーナーの手持ちである私はもうふたご島で目撃されることもないし、ここでアピールをやめて空気化したら本当に消えてしまうのではないかと不安なんだ」

「・・・その時は『スイクン』じゃなくて『ギア』っていう萌えもんに変わるんじゃないの? とりあえず私たちシースワローのメンバーは、他のメンバーのことを忘れるなんてことはないだろうし」

「そうなったら、普通の萌えもんとして生きていけるのだろうか・・・」

・・・伝説もなかなか大変そうだ。

「ま、本当は、今まで何百年も一人で生きてきてつまらなかったから、もう地味に過ごすのには飽き飽きしているだけなんだけどな!」

・・・ギアを見てるとあまり大変じゃないように感じる不思議。

「はいはい、ほら、暇なら師匠とかフラウンあたりに指示を出してよ。そろそろ彼女たちも一仕事終わらせる頃でしょ?」

「む、そうだな!まかせろ!」

本当にデスクワーク以外は生き生きするなぁ・・・ま、書類をギアに任せても少し不安だし、これでいいか。








というわけで、さぽているのエレインちゃんが届けてくれた依頼、「ギアがなぜ出番をほしがるか」についてのSSでしたっ!
これからも依頼が入ればこんな感じでSSが出来ていくと思うのです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シースワローの人

Author:シースワローの人
>burn my dread~♪

管理人:エトリアの住人ことシースワローの人
主にマイナー好き
主にゲーム好き
主に猫好き
主にシャープ嗜好(?)
主に午後8時~午前1時に出没

最新記事
最新コメント
月別記事
カテゴリ
FC2カウンター
にゃーん
さぽている
ついーと
Twitter ブログパーツ
RSSリンクの表示
リンク
拍手送信!
レイヤがクールにお茶を淹れてくれます。 ます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
せいさくどうがっ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。