スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妙な夢を見たので

夢日記的なものを書いておきます。
いえ、あまりにも鮮明でストーリー性があったので、はい。


ここから夢日記

ふと気が付いたら何かの本を探していた私。
とりあえず町の図書館に行って探すけれど見つからないので、あきらめて家(実家)へと帰る。
家に帰った私は全くためらいもなく書庫に向かう。
書庫自体は確かに実家にあるのだが、その書庫は実際よりも数倍広く古めかしく、その隅に探していた本らしきものが置かれている。

探していた本のタイトルは『かきぶぷほ』
手にとってぱらぱらとめくっていると、文を読んでいるわけではないが、内容が頭に入ってくる。

主な内容は以下の通り。
・「かきぶぷほ」とは妖怪の名前であり、「ある条件」によって人にとりつく。
・とりつかれた人間は、日常生活に特に支障が出るわけではないが、とりつかれている時間分だけ寿命が減っていく。
・減った寿命はかきぶぷほを追い払うことでのみ戻る。
・かきぶぷほがとりつく条件は、「かきぶぷほの家系図」を手にすることである。
・かきぶぷほを追い払う条件は、「家系図に書いてある妖怪の名前(かきぶぷほ以外)をすべて消し、その後かきぶぷほに会う」ことである。
・家系図に書いてある名前(100は超えている)を消すには、「その名前の妖怪に会わ」なければならない。
・また、名前を消すには順番があり、先祖から先に(家系図の上から順番)に合わなければ、名前は消えない。
・先祖の名前は「かきほ」とか「ぶぷ」とか(だった気がする)、そんな感じ。
・『この家系図を何らかの方法により手元から失くした場合、家系図がすべて元通りになった状態でいつの間にか手元に戻ってくる』
・唯一解放される方法は「すべての名前を消す」以外にはない。

こんなところかな?

…ちなみに、文を読んだわけではないのに、なぜ先祖の名前の数や具体的な名前がわかっているのかというのは……言わなくてもわかりますかね。




なんというか…この内容でホラーゲームが作れそうですね!

はい、完全に駄文でした。
それでは、また。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

予想外!

シースワローの夢かと思ったら半ホラーの夢ですかー!
たまーに妙に細かい設定まで覚えてますよねぇ・・夢って。
不思議なもんです。

No title

すみません動画と全く関係ありませんでしたw
こんなに鮮明に覚えてるのは本当に久しぶりです。
ダークライにでも目をつけられたのかしら私。(ぇ
プロフィール

シースワローの人

Author:シースワローの人
>burn my dread~♪

管理人:エトリアの住人ことシースワローの人
主にマイナー好き
主にゲーム好き
主に猫好き
主にシャープ嗜好(?)
主に午後8時~午前1時に出没

最新記事
最新コメント
月別記事
カテゴリ
FC2カウンター
にゃーん
さぽている
ついーと
Twitter ブログパーツ
RSSリンクの表示
リンク
拍手送信!
レイヤがクールにお茶を淹れてくれます。 ます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
せいさくどうがっ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。